ガンになる方の3人に1人が働き盛り

日本ではガンになる方が増えていますが、特に問題になっているのが働き盛りの女性のガン患者数が増えているからです。人口全体で見ると男性のほうが1.4倍ほど、ガンになる率も死亡者数も上回っています。

男女の年代別ガン罹患率

ただ、若い世代では女性にガンが見つかる率が高く、20代では男性の約1.7倍、30代では男性の約2.6倍になっています。

働き盛りであり、子育てにも忙しい年代で女性がガンになると家庭内だけでなく地域全体で考えてもさまざまな問題が出てきます。

また同時に、企業にとっての最大の財産は人材ですが、国全体でみても若い人材がガンになり、働き手が失われていくことに危機感が増大しています。

また、ガン検診を受けても再検査を受けていない方が増えていることも問題です。ガンは早期発見・早期治療がとても大切なのですが。精密検査を受けなければガン検診の効果はなくなってしまいます。

ガンについての統計

ガンが発見される人
(平成23年)
年間:約85万人
男性:約49.6万人
女性:約35.5万人
生涯でガンが発見される確率
(平成23年)
男性:62パーセント
女性:46パーセント
ガン死亡者数
(平成26年)
年間:約36.8万人
男性:約21.8万人
女性:約14.9万人
医療費
(平成25年)
年間:約3兆3800億円
医療費全体の11.8パーセント

ガンは不治の病ではなく、どのように付き合っていくかを考える「死なない病」になってきています。
ただし、さまざまな活動に支障がでてしまい、日本全体の労働力が下がってしまうという重大な問題が発生してきます。

ガン患者が増えることで起きる問題が身近に感じらようになる前に対処する必要があり、国を挙げてガンの早期発見・早期治療に力を入れています。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
ガンになる方の3人に1人が働き盛り

ガンになる方の3人に1人が働き盛り

ガンになる方の3人に1人が働き盛り 日本ではガンになる方が増えていますが、特に問題になっているのが働き盛りの女性のガン患 »…の続きを読む