ステージごとに異なるガンの死亡率

ガンは一昔前は不治の病として恐れられていましたが、現代では医療の発達により生存率がかなり上がっています。

ガンの進行度合いはステージ0、ステージI、ステージII、ステージIII、ステージIVと表されます。

主に、

  • ガンが発見された部位のどこまで浸透しているか
  • リンパ節転移があるか
  • 他の臓器への転移があるか

上記のような違いによってステージが分類されます。
ステージごとに異なるガンの死亡率
ガンになる部位によりステージ毎でも生存率は大きく違いますが、ステージIが一番生存率が高く、ステージIVが最も低くなっています。

ガンのステージ分類

ステージ0 比較的軽症のガン細胞で、ガン細胞が粘膜内(上皮細胞内)にとどまっており、リンパ節に転移はしていない
ステージI(1) ガン細胞が少し広がっているが筋肉の層まででとどまっており、リンパ節への転移はしていない
ステージII(2) ガン細胞が筋肉へ少し広がり(または広がっていない)、リンパ節にほんの少し転移している
ステージIII(3) ガン細胞が筋肉へ広がり、リンパ節への転移がはっきりとわかる
ステージIV(4) ガン細胞がはじめにできた部位から離れた臓器へ転移している

ステージ別の生存率

ステージの数字が大きくなればなるほど癌細胞が進行し、症状が悪化している状態になります。ステージ別によってもちろん生存率も変わるでしょう。
ステージの中でも1番軽症のステージⅠは生存率が80%~90%ととても高いです。
しかし、ステージⅡからどんどん低くなり、Ⅲ・Ⅳになると大幅に生存率が下がるでしょう。
生存率はほんの数%になることもあり、ステージⅣの状態で発見されても施しようがなく、余命宣告を受ける人も多いのです。
そのため、できるだけステージⅠの段階で発見し、治療しなければなりません。

ガン検査をして罹患リスクを減らそう

定期的にガン検査をし、ガンを予防することで自分の命や家族を守ることにつながります。

ガンはだれでもかかる可能性がある病気。予防対策をし、将来に備えましょう。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
ステージごとに異なるガンの死亡率

ステージごとに異なるガンの死亡率

ステージごとに異なるガンの死亡率 ガンは一昔前は不治の病として恐れられていましたが、現代では医療の発達により生存率がかな »…の続きを読む