40代後半からガンと診断される

40代後半からガンと診断される方が増え始める

ガンが発見されるのは年齢でかなり変わってきますし、部位にも違いが見られます。男性は40代後半からガンと診断される方が増え始め、50歳から70歳にかけて急激に増えます。

また、生涯でガンにかかる確率は女性が41パーセントなのに対して男性は54パーセントもあります。
男性は女性よりも3割ほどガンになりやすいという統計結果が出ているのでガン検診を上手に活用していくことが大切です。

各年代のガンになる部位の差

40代 胃、結腸、直腸でのガンの発見割合が多く、次いで多いのが肺です。
それ以外にもさまざまな箇所で見つかる年代で、身体のいろいろな部位で見つかることが多い年齢と言えます。
50代 胃、直腸、肺で見つかる割合が増え、前立腺で見つかる率が急激に増え始めます。
逆に結腸は若干割合が減少しています。
60代 胃、結腸、肺の割合が依然として多く、直腸の割合が減少します。
逆に前立腺で見つかる率は、40代の10倍以上に増えています。
80代以上 胃、結腸、肺の割合が高く前立腺の割合は高いながらも減少しています。
肺で見つかる割合はすべての年代で最も多くなっています。

前立腺ガンは高齢者に多いガンで、全体数の8割以上が65歳以上の方となっています。

がん10年生存率、発生部位で大きな差 乳がん80%

日本経済新聞
国立がん研究センターなどの研究班によると、ガン患者の10年生存率は、甲状腺がんや乳ガンは80%を超えるが、膵臓(すいぞう)ガンは5%を切り、ガンの発生部位によって大きな差があることがわかった。ガン全体では約58%であることがわかった。

甲状腺がんの10年生存率が90.9%と最も高く、前立腺がん、乳ガンや子宮体ガン、子宮頸(けい)ガンも70%以上だった。一方で食道がん、胆のう・胆道がん、肝臓ガンの10年生存率は30%を切った。

特に膵臓ガンは4.9%と低かった。
この膵臓がんは、サイレント・キラーと呼ばれ、自覚症状がないまま、ガンの進行がすすんでいることがある。
このことは、早期発見がいかに必要であるかを示している。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
40代後半からガンと診断される

40代後半からガンと診断される方が増え始める

40代後半からガンと診断される方が増え始める ガンが発見されるのは年齢でかなり変わってきますし、部位にも違いが見られます »…の続きを読む