「ガン」を早期発見する方法

先進国と日本のガンの死亡率の違い

先進国と日本を比べると、日本よりも世界のほうが割合が高くなっています。
ですが、日本は増加傾向にあり、世界は減少傾向にあることが問題になっています。また乳ガン、肺ガン、大腸ガンなど、これまで日本人がならなかった部位でガンになる率、死亡率ともに増加していることで生活環境や食生活の改善が求められています。

先進国と日本のガンの死亡率の違い

「高齢者が増えたこと、また医療の発達でガン以外で死亡することが減ったから結果としてガンの死亡率が上がった」と捉えることもできますが、残念ながら日本は先進国のなかで、ガンの死亡率が急増しています。
※他の先進国は軒並み減少傾向
「国別がん死亡率の推移」

ガンの年齢調整死亡率

ガンの死亡者数は年齢調整死亡率を考慮した場合では全体として減少傾向にあります。
ですが、特定の部位で割合が急増しているものがいくつもあります。
最も多かった胃ガンが減りましたが、以前は少なかった部位(乳ガン、卵巣、前立腺、膵臓、結腸など)でのガンの死亡率が急増しています。

日本はガンになる率(ガン罹患率)が増えている

国立がん研究センター

日本人が一番なりやすかったガンは、胃ガン。
その胃ガンになる率が減っているにも関わらず、年齢調整罹患率でも日本人はガンになる率が増えています。
通常なら一番なりやすかった胃ガンが減れば全体としてガンになる率は減るはずなのですが、1985年から2010年の間で20パーセント以上も増えているので、何らかの改善策を設ける必要があります。

欧米諸国に比べ、日本はガン検診を受ける比率が圧倒的に低い

日本ではガン検診を受けられる環境にありながら、さまざまな理由で受診しない方が全体の6~7割ぐらいを占めています。

政府広報オンライン

検診を受けない理由としては、費用が高い、時間がない、面倒、こわいなどの理由があるようですが働きながら時間を確保して受診することが難しいという社会的背景もあります。

厚生労働省など政府のガン対策

国民の2人に1人が「ガン」になり、3人に1人が「ガン」で亡くなる現状を改善するために、ガン検診の受診率を50パーセント以上とすることを目標にしています。
尿で検査できるなどの、さまざまな技術革新や、受診しやすい環境作りなどでガン検診の受診率を上げるように整備を整えています。特定の年齢には「ガン検診無料クーポン券」を配るなどの対策を平成21年度から行っています。

ガン検診無料クーポン券
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/gan11/

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
「ガン」を早期発見する方法

手遅れにならないために、「ガン」を早期発見する方法

先進国と日本のガンの死亡率の違い 先進国と日本を比べると、日本よりも世界のほうが割合が高くなっています。 ですが、日本は »…の続きを読む