日本人の死因1位はガン(悪性新生物)

日本人の死因1位はガン(悪性新生物)です。

日本人の死因1位はガン(悪性新生物)です。
毎年におよそ85万人が「ガン」を発症し、37万人が「ガン」で死亡しています。
死因2位である心疾患での死亡数は19万9,000人(※1)であり、約2倍の差があります。
※1 出典:平成27年(2015) 人口動態統計の年間推計
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei15/dl/2015gaiyou.pdf

日本のガン罹患率

罹患率(りかんりつ)とは、対象となる集団のある観察期間における疾病の発症頻度を表す指標のこと。

現代の日本でのガン罹患率は大変高く、男性のガン罹患率は55.7%、女性のガン罹患率は41.3%です。
つまり、2人に1人は「ガン」になる時代であり、そして3人に1人は「ガン」で亡くなる時代です。
例えいまが健康であったとしても、「ガン」は決して他人事ではありません。

生活習慣病の中で「ガン」だけ死亡率が急増中

普段の生活習慣や環境、ストレスが病気の進行・発祥に関係する「生活習慣病」。

もともと生活習慣病は、40代から60代に発症することが多いことから、かつては成人病と呼ばれていました。
成人病が生活習慣病という名前に改められたのは、食生活・身体活動・アルコール・たばこなど、生活習慣と密接な関係があると認識されるようになったためです。

生活習慣病

生活習慣病の要因には物理的に避けられないものもありますが、自分で改善できるものも少なくありません。
生活習慣病にならない・負けないためには、「歳をとったら仕方がない」のではなく、「生活習慣を改善することで予防したり進行をおさえることができる」病気だという意識を持つことが大切です。

死因率が高い「脳卒中」や「心疾患」といった生活習慣病と比較して、「ガン」の死亡率が急増しています。
医療技術の発展により、そのほかの病気の発症率・死亡率が改善する中、「ガン」の死亡率が年々上昇しています。

「ガン」の死亡率があがっているのは「生活習慣の欧米化・高齢化」が主な原因とされています。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
日本人の死因1位はガン(悪性新生物)

日本人の死因1位はガン

日本人の死因1位はガン(悪性新生物)です。 日本人の死因1位はガン(悪性新生物)です。 毎年におよそ85万人が「ガン」を »…の続きを読む