ガンの転移、再発を防ぐガンの予防として近年注目されてきたのが、「ガンの転移、再発を防ぐ」という意味での予防です。これをガンの三次予防といいます。

ガンが命を脅かす最大の理由は「転移、再発するから」。転移や再発さえしなければ、現在あるガンを取り除くだけで治療は終わり、命に関わることはありません。
手術や放射線といった「ガンを取り除く」治療については日々進歩し、検査技術の向上や機器の開発により、早期発見率も高くなっています。
もちろん、全員が転移、再発するわけではないですし、再発予防を行わなくても再発しない人はいますが、これからの時代は「転移、再発を防ぐ」三次予防について効果的な対策が望まれています。
検診受診後は、必要に応じて精密検査、再検査を必ず受けることも大切です。

  • 検診では、確定診断はつきません。精密検査や再検査が指示されたら必ず受けて確実に診断し、異常なければ安心です。 必要なら治療を受けてください。
  • 検診を受けただけでは意味がありません。最後まで徹底してみてこそ検診です。精密検査が指示されても必ずしもガンではありません。
  • ガン検診の結果については、セカンドオピニオンもうまく活用しましょう。
  • ガンの完治には、
    放射線治療・化学療法をうまく組み合わせることが大切です。早期ガンは必ず治ります。

働き盛りや、子育て世代、思春期・若年層に発症したガンの治療を効果が上がり、かつ、長期的な影響が少なくなる治療を目指しすためにも、再発フォローをきっちり追いかけなければならないでしょう。

♪名医を紹介してくれる「セカンドオピニオンサービス」

ドクターオブドクターズネットワーク評議員を中心に、医学界の各専門分野を代表する医大の教授・名誉教授クラスの先生方が総合相談医となり、セカンドオピニオンや必要に応じて優秀専門臨床医の紹介を行います。

ガンのリハビリテーション

ガンの三次予防 – リハビリ・理学療法

ガンのリハビリテーション ガンは日本人の死因で一番多く、年間30万人以上の方がガンで亡くなっています。また、男性の2人に »»続きを読む