ガン検診のメリットとデメリットを理解して選択する

ガン検診を受けるにはメリットとデメリットを理解して受診することが大切です。
ガン検診を受けることで早期発見・早期治療を受けることができますが、ガン検診で死亡事故も極少数ですが報告されています。
参考:http://getnews.jp/archives/1024564

また、ガン検診での医療被曝も問題として上がることがありますので、ガン検診を受ける際には自身が納得できる検診を選ぶことが大切です。

ガン検診のデメリット

ガンになる方の3人に1人が働き盛り
ガン検診技術は、目ざましく進歩しています。しかし、「異常なし」という判定は、「あなたの身体にはがんはありません」ということではありません。ガンの場所や種類によっては見つけずらいことがあります。また、見落とすこともあるのが現状です。

検査が陽性とは「何かが見つかった」ということであり、陰性は「見つからなかった」ということです。
多くの検査は、病気がありそうな特徴を探すので、陽性なら病気がありそう、陰性なら病気がなさそう、ということになります。

しかしどんな検査も完璧ではないですので、陽性でも病気がない場合や、陰性でも病気がある場合があります。

  • 偽陽性
  • 偽陰性
  • 過剰診断

偽陽性

偽陽性とはガン検診で「陰性」と診断された場合です。
ガン検診で陽性となり精密検査に移ります。
その結果ガンが見つかる方は、乳ガンで4.6パーセント、子宮頸ガン検診で3.77パーセント、胃ガンで1.3パーセント程度になります。多くの方は必要のなかった精密検査を受けることになり、「ガンでなかった」という結果を受け取ります。

ただし、ガンの精密検査を受けるにあたり、検査にかかる時間と費用がかかるだけでなく、精神的に受ける負担もあります。「ガンかもしれない」と情緒不安定になったり、うつ状態になることさえあると言います。
ガン検診を受ける際には、時間や費用だけでなく「心の準備」をしておく必要があるでしょう。

偽陰性

偽陰性とはガン検診を受診した結果、「陽性」と診断され、ガンではないと診断されることで見逃してしまうことです。
そのため後々、ガンが発見されたときには進行したガンで見つかる可能性が高くなります。
早期発見がガン治療の大切なことなのですが、ガン検診で見逃されることもあるということを理解しておく必要があります。

ただ、ガンの多くはゆっくりと進行するものが多いので、定期的にガン検診を受診することで偽陰性を回避して早期発見、早期治療を行うことができます。

過剰診断

過剰診断はガン検診の最大の問題です。
ガンには、「進行ガン」と「進行しないガン」の2種類があります。
もし、身体に「進行しないガン」があったとしても、進行ガンにならずに消えてしまったり、その場所にただ留まり続けるだけになるので、そのガンが原因で命を奪われることはありません。

ただ、ガン検診を受診してガンが発見された場合には治療が行われることが多く、必要のない治療を行ったことが原因で合併症を起こしたり、最悪の場合には必要のない手術が原因で命を落としてしまう危険性もあります。

現代の医学では「進行ガン」は見分けるのが難しく、ガンが発見されたらすべて同じように治療し、早期治療を行っているという現状があります。

身体に負担がかかる場合がある

また、X線検査で使うバリウムは便秘になることがありますし、内視鏡では、出血や穿孔(せんこう)といって胃や腸に穴を開けてしまうことも、あります。放射線には被曝(ひばく)の問題があります。

ガン検診のメリット

ガン検診を受けることで気付いていないガンを発見でき、早期治療を受けることが可能になります。
ガンが進行していない状態での治療は生存率も高くなり、また治療による身体への負担も減らすことができます。

がん検診のメリット同時に、ガン検診は、ガンを見つけることが目的ですが、早期ガンを見つかるばかりではなく、ガンになる前段階の病変が見つかることもあります。
ガンになる前段階の病変とは、具体的にはポリープや潰瘍、異型上皮などです。こうした病変が軽い場合は経過を観察して、必要に応じて治療することで、ガンになることを防ぐことができます。

ガンが不治の病と言われてのは一昔前のことで、昨今ではガンはどのように付き合っていくのかを考える病になってきています。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
ガン検診のメリットとデメリット

ガン検診のメリットとデメリット

ガン検診のメリットとデメリットを理解して選択する ガン検診を受けるにはメリットとデメリットを理解して受診することが大切で »…の続きを読む