一次予防を心掛けよう早期発見・早期対処によって適切な治療を受け、疾病の重症化を予防する。

二次予防はガンをより早い段階で発見し、適切に対処をして完治の可能性を高めることを目的としています。そのため、定期的なガン検診の受診が、二次予防の第一歩だといえるでしょう。

毎年、健康診断を受けている人でも、早期ガンを発見することはなかなか難しいとされています。特に消化器系のガンには自覚症状が弱いものがあり、特に膵(すい)ガンは、初期症状もないためサイレントキラーと呼ばれ、発見された時点でかなり進行していることも珍しくありません。
そこで、ガンに特化した検診の受診が重要になってきます。

早期発見(二次予防)によるガン死亡率減少に関する試算

ガン検診受診率が50%まで向上した場合の死亡率減少

ガン検診非受診者に比べて、ガン検診受診者では、胃ガン検診では59%、大腸ガン検診では60%、肺ガン検診では28%、子宮頚ガン検診では78%、乳ガン検診(マンモグラフィ)では19%減少していたとされている。
このように早期発見による死亡率減少効果があることがわかります。

参考資料:http://www.jacr.info/publicication/Pub/m_13/m_13_04_6.pdf

  • どんなに生活に注意を払っていても、ガンになる可能性はゼロではありません。
  • それぞれのガンの早期発見と言われる時期に発見できれば、高い確率でガンは治ります。
  • ガンの早期治療には、早期発見が欠かせないため、ガン検診を必ず受診しましょう。

☆早期発見・早期治療!全身のガンリスクを自宅で検査

一度で全身のガンリスクを検査!
低コストでガンの早期発見をサポート!
検診で見つけにくいガンリスクも一度で検査できる「まも~る」のNoah検査で、早期発見・早期治療を目指しましょう!
がん検診で早期発見

ガンの二次予防 – ガン検診

先進国では減少傾向にあるガン死亡者数が日本では増加傾向にあります。 日本人は2人に1人が「ガン」になり、3人に1人が「ガ »»続きを読む
ガンになった場合の治療費の目安

ガンの二次予防 – 代表的なガン検査方法

現在行われているガン検査は複数あります。 しかし、いずれの検査方法にも得意・不得意があり、それらを組み合わせたり、部位や »»続きを読む
ガン検診のメリットとデメリット

ガン検診のメリットとデメリット

ガン検診のメリットとデメリットを理解して選択する ガン検診を受けるにはメリットとデメリットを理解して受診することが大切で »»続きを読む