食の習慣をかえる

欧米食生活習慣病が増加する原因の1つに食生活の欧米化があると言われています。
体格は欧米人並に大きくなり、過去100年の身長の推移で見ると10センチメートル以上伸びました。ただし、それに伴って体重の増加率のほうが高く、病気になることが増えてしまいました。

食の欧米化で問題となっているのが、カロリー過多でビタミン・ミネラル不足と、健康に生きていくにはバランスがとても悪くなっています
寿命が延びているのは生まれが昭和初期より以前の方で、それ以降に生まれた方は生活習慣病になりやすかったり、ガンになったりする可能性が高くなっています。

お腹いっぱい食べても栄養失調

食品の欧米化で摂取するカロリーが増加しているのに、交通手段の発達などによって運動量が減りエネルギーが余ることで脂肪になり肥満になる方が増えました。
また、野菜を食べる頻度が減り、食物繊維を摂らなくなったことで老廃物がうまく排出されにくくなっています
老廃物が腸内に溜まったままではいろいろな悪影響が出ます。他にも、食品添加物や食品に含まれる農薬等体に有害なものを摂取することでも身体はダメージを受けています。
そんな状態で加工食品ばかりを多く摂っていると、ビタミン・ミネラルが不足しやすくなり身体の不調につながります。

日本古来の食生活は日本人に理想的

日本人は古来より穀類や芋類を多く食べる生活を送ってきました。
そのため、野菜を分解吸収しやすいように腸も長くなり、その土地の風土に即した進化を遂げてきたと考えられます。なかでも、質の良いたんぱく質やカルシウム、ビタミンが豊富な海苔を消化できるのは日本人だけとも言われています。
だから、逆に海外で健康に良いと言われている食材も日本人には合わないことも多々あります。

日本食は身体にいい昨今では、そのような体質の研究も進んだことで、食事の見直しを図ろうという動きが出てきています。やはり、健康のために日本古来から食べられてきた米を主食として、味噌や汁漬物などに加え、季節の野菜や果物をしっかり食べることが日本人には大切なのでしょう。

この日本古来からの食文化はバランスがよく出来ています。
米を中心とした食事ではタンパク質が不足しますが、その不足分を補うために大豆を加工した味噌が醤油を日本人は多く食べてきました。豆をそのまま使った料理では吸収率が60パーセント程度しかありませんが、発酵させることにより80パーセント程度まで吸収率を引き上げることが出来ます。
しかも味噌汁は、具に季節の野菜や魚介類などを入れることで、ビタミン・ミネラルを摂ることができます。

また、若い方が食べなくなってきている漬物も身体にはとても有益です。
特にぬか漬けはとても優秀で、乳酸菌が含まれているので腸内環境を整えてくれるので、便秘解消などにも大いに役立ちます。

☆早期発見・早期治療!全身のガンリスクを自宅で検査

一度で全身のガンリスクを検査!
低コストでガンの早期発見をサポート!
検診で見つけにくいガンリスクも一度で検査できる「まも~る」のNoah検査で、早期発見・早期治療を目指しましょう!
ガンの一次予防 – 食の習慣をかえる

ガンの一次予防 – 食の習慣をかえる

食の習慣をかえる 生活習慣病が増加する原因の1つに食生活の欧米化があると言われています。 体格は欧米人並に大きくなり、過 »…の続きを読む