体への負担や痛みがなく、放射線などの心配のない安全性の高いバイオマーカー測定法です。
2016年6月30日放送 テリー伊藤さん出演 BS12 トゥエルビの「ガン予防最前線」でも取り上げられました。

測定方法は、ALAカプセルを服用し尿中のガン細胞由来代謝物と酸化物質を調べるだけなので、特別に時間を必要としたり、身体への負担がありません。唯一、日常と違うのは健康食品区分のALAカプセルを飲むことぐらいです。

ガン検査この検査はALA(5-アミノレブリン酸)を用いた新しいガンの診断法。現在行われている健康診断や、ガンマーカー等による検査で、ガンを微小な段階で発見したり、前ガン病変の発ガンリスクを正確に評価する事は、残念ながら十分とは言いきれないのが現状。

この微小癌を発見出来る検査がALA検査です。

ALAとは、もともと生体内で合成される物質で、「ポルフィリン」を経て正常細胞では「ヘム」に代謝されます。
しかし、ガン細胞では、ALAは「ヘム」にまで代謝されず、途中の物質である、「ポルフィリン」が細胞中に蓄積され、さらに過剰に蓄積した「ポルフィリン」は尿中に排出される事がわかっております。
「ポルフィリン」の蓄積は全てのガン種で起こるため、ALAを服用し、尿中ポルフィリン量を測定すれば、ガンの有無を簡単に調べる事ができるのです。これがALAを用いた『まも~る』検査です。

あなたの一滴の尿が、すべてを知っています。

ガンリスク評価Noah(ノア)の流れ

  1. ドクターによる説明を受けALAカプセルを服用します。
  2. 6~8時間後に採尿し測定施設に検体を送付します。
  3. 検査結果の報告を受けます。

※カプセルを服用後、採尿までの間に排尿を我慢する必要はありません。

対象となる方

  • 申込日において20歳以上の男女
  • 日本国内に住所がある方
  • 反社会勢力および反社会勢力の密接関係者でない方

対象とならない方

  • 妊娠中、または妊娠している可能性のある方
  • お子様に授乳中の方(ALAカプセルを飲まれた後24時間の授乳を避け、ミルク等で代用できるならば可能)
  • 常時服用中のお薬のある方(お薬を服用中の場合、測定値に影響が出る可能性があるため、参考値となります)
  • ポルフィリン症の方
  • ポルフィリン異常値を呈するとされる下記症状をお持ちの方
  • ○先天代謝異常症(先天性チロシン血症、Dubin-Johnson症候群、Roter病、ミトコンドリア病など)
    ○肝疾患(肝硬変、胆汁性肝硬変、肝炎。肝癌薬剤性肝障害、ヘモクロマトージスなど)
    ○血液疾患(悪性貧血、白血病、再生不能性貧血、Hodgkin病など)
    ○代謝亢進(発熱、運動、甲状腺機能亢進症など)
    ○ビタミン欠乏症(ナイアシン、B2,B6など)
    ○化学物質曝露(水銀、砒素、銅、金など)

注意事項

  • 入会しても医師の判断により、ガンリスク評価を受けられないことがあります。
  • 入会後はガンリスク評価を受けられないことを理由に会費の返還請求をすることはできません。
  • 退会は各月ごと(年払いの場合は年ごと)に退会することができます。
  • ガンリスク評価を受けた場合は検査1回につき12カ月の会員継続が必要なので、年の途中退会は残り月数分の会費の清算が必要

♪カンタン!尿からガンを発見する方法

あなたの体に悪影響を与えるとされる老廃物は、血液の中を巡って尿と一緒に排出!
そんな老廃物で、あなたの全身のガンリスクを診断できるから自宅で気軽に、ガン検査が行えます。
早期発見、早期治療、早期予防にオススメです!
ガン検査

ガンリスク評価Noah(ノア)

体への負担や痛みがなく、放射線などの心配のない安全性の高いバイオマーカー測定法です。 2016年6月30日放送 テリー伊 »…の続きを読む