ガンの検査をしよう

ALA(5-アミノレブリン酸)でガンを早期発見

ガン検診でさまざまな機器を使い、時間をかけてたくさんの検査をしなければガンを見付けることができず、全てのガンを精度高くカバーできる腫瘍マーカー(ガンの目印となる特定の物質)の発見が期待されていました。

ALA(5-アミノレブリン酸)を投与するとガンのみにポルフィリン(有機化合物)が蓄積されていることが知られており、実際に脳腫瘍で医療用医薬品として臨床の場で使用されています。

そこに注目し、少量のALA摂取後の尿中のポルフィリンを測定し、ガンの早期発見が可能なことがわかりました。

あら不思議!ガンがALAで光る!

ALA(5-アミノレブリン酸)は体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸

ALAは摂取できる天然のアミノ酸であり、焼酎粕や赤ワインなどの食品に普通に含まれている成分で特別に開発された成分ではありません。また、ALAは植物の葉緑体(光合成を行う植物の細胞内にある細胞小器官)の原料になっており、緑の葉を持った植物の原料になっていることからも安心感があります。

5-アミノレブリン酸(ALA)は、あらゆる細胞の中にあるミトコンドリアに存在し、代謝に必要不可欠な物質です。
代謝が活発になると、体温上昇による免疫力向上や内臓脂肪・糖質の蓄積抑制、肌の保湿、育毛など、さまざまなはたらきが期待されています。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。
ガンの検査をしよう

ALAでガンを早期発見

ALA(5-アミノレブリン酸)でガンを早期発見 ガン検診でさまざまな機器を使い、時間をかけてたくさんの検査をしなければガ »…の続きを読む