ガンの検査前検査を受けて、将来のことを考えよう!

ショッキング

ショッキング人間ドックやガン検診を受けに行く方は、「自分にガンがあるわけがない!」とか、「もし見つかったらどうしよう。」という色んな不安との闘いがあると思います。実際に早期発見ができ、経過観察や早期治療ができれば、「人間ドックに行った甲斐はあった。」と思えるはずです。

そして、保険をかけるっていうのは「もしもの時のための保険」なわけですが、医療機関で検査をしてガンが見つかり治療費が莫大で治療よりもお金の心配が来てしまったら本末転倒ですし、精神的によくありません。

医療保険加入は専門ドック受診3カ月前に

ガン保険は、加入後3か月以内にガンになった場合は、保険がおりません。

つまり、保険に入って90日以内にガンが見つかったら保険が適用されないという可能性もあるわけです。保険会社の商品によっては、健診や人間ドックの検査結果の報告書の提出などを求められることはあります。
保険は、健康状態を確認し価格が変わるという形式ですが、ガンドックはモロにガンをスクリーニングするわけで見つかったら加入できなくなります。

保険会社によって異なりますが、保険会社のガン保険の質問項目としては、

  • 最近3ヶ月以内の入院や手術
  • 過去2年以内の健康診断結果
  • 過去5年以内の治療や7日以上の入院
  • 視力や障害状態
  • がんの既往症
  • 妊娠の有無

なお既に、ガン(悪性新生物)にかかったことのある方は、ガン保険に入ることは厳しいとする保険会社が多いようです。

検査前検査をオススメします!

医療保険未加入の状態で、ガンが見つかってしまった。場合、保険に加入できない場合があります。また、保険加入後、90日以内ですと保険が適用されず、治療費が重くのしかかります。

もちろん、保険に加入しておくことは、「もしもの時のために」必要ですが、特に若い世代の方ですと、病気になった時のことやガンになった時のことは、考えないかもしれません。
治療費が高い三大疾患等は、保険加入後の受診が理想的といえます。

困らないためのメディカルクラブ

ガンの検査をしよう困らないために、自分の体にがんリスクがあるかどうかを調べることができる「がんリスク評価」をオススメします。
ご自宅で問診票に記入して、カンタンな尿検査をするだけ。医療機関に行くこともなく、全身のがんリスクを測定することで、精密検査の必要性などを探ることができます。
仮に、保険未加入でどうするか悩んでいる方でも、「がんリスク評価」によっては、保険の加入を考えたり、生活習慣の見直しなど、「もしもの時のために」備えることができます。

さらに、「気になる身体の不調」「健康の保持・増進」に関する相談ができる電話サポートがあります。
そして、セカンドオピニオンや必要に応じて優秀専門臨床医の紹介を行うセカンドオピニオンサービスもあるメディカルクラブですので、安心して自分や家族の健康を考えることができます。

保険よりも、予防や病気にならない為の対策が優先されるべきというのは言うまでもありませんが規則正しい生活を過ごしている方でも「ガン」になる可能性はゼロではありません。
しかし、いくら予防をしていても、すべてのガンを完全に防ぐ事は難しい為、ガンをはじめとした保険に入っておくことは大切だと思います。
まずは、早期発見、早期治療、早期予防を目指しましょう!

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。