酸化ストレスを減少させよう~ガン予防は、美容にも効果的!

美容の天敵活性酸素美容や健康への関心が高い人であれば、「活性酸素」という言葉を目にする機会は多いと思います。
私たちの身体が生体維持をするため、ある程度の活性酸素は必要ですが、必要量を上回ると細胞や遺伝子を傷つける有害物資へと変化し、老化の進行やガンなどなるリスクが高くなると言われています。

特に40歳以降は、免疫細胞が低下し、体内で活性酸素が増えやすくなることが分かっています。ガン予防のためにも、できるかぎり対策するようにしましょう。

病気の原因といわれている「活性酸素」とは

私たちは、呼吸によって1日に500リットル以上の酸素を体内に取り入れているといわれています。その酸素を使って食事で摂った栄養素を燃やし、エネルギーを作り出していますが、この過程で取り入れた酸素の約2%分が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。
そして、この活性酸素には、大きく分けて2種類の活性酸素があるといわれています。
それが、善玉活性酸素悪玉活性酸素です。

善玉活性酸素
人間の体内にウィルス等の外敵が侵入してきた場合に、白血球がその外敵を退治します。その時、白血球が外敵をやっつける為に武器として使うのが善玉活性酸素です。風邪や病気などから身体を守る免疫作用を持つ、重要な物質です。
悪玉活性酸素
外敵が多くなり、活性酸素がたくさん作られすぎて余るようになった活性酸素が悪玉活性酸素。この悪玉活性酸素が、外敵ではなく自分自身、つまり正常な細胞や遺伝子を傷つけ、さまざまな被害をもたらします。
これが悪玉活性酸素の正体です。そして、細胞を老化させ、身体を錆びさせてしまいます。

現代社会においては、電磁波や公害、食品添加物、様々な石油商品、そしてストレスなど、外敵が多くなりすぎてしまい、活性酸素が余分に作られ過ぎています。

悪玉活性酸素は、体の良い細胞まで破壊してしまうので、それがお肌のたるみやしみ・しわといった老化に繋がると言われています。また、ガンや生活習慣病、脳梗塞等の疾患の原因であるともいわれています。
その結果、体内のあらゆるたんぱく質が酸化して、いわゆる「老化現象」を引き起こしますし、血管の老化も招いて「動脈硬化」や「心筋梗塞」、そして「ガン」などのリスクを高めます。
酸化ストレスを溜め込まないことが必要です。

活性酸素がガンを作るメカニズム

活性酸素は、生活習慣病のみならず、ガンの発生にも関わることが分かっています。ガンは、簡単に言えば「細胞のコピーミス」から生まれる病気です。

私たちの体を構成する約60兆個の細胞は、日々分裂を繰り返して新たな細胞へと生まれ変わっていますが、そのためには「元の細胞と同じ情報」を新たな細胞にそっくりコピーする必要があります。
しかしこの時に、何らかの邪魔が入ってしまうと正常なコピーが妨害され、元の細胞とは違う遺伝子情報を持った細胞が生まれてしまいます。これが、ガンの始まり

そんな、細胞のコピーミスを引き起こす一つ原因が活性酸素。活性酸素は、DNAに結合して、誤った遺伝情報を次の細胞に伝えてしまいます。その数が増えれば増えるほど修復は間に合わなくなり、ガン化しやすくなります。

活性酸素から身を守るためには

生活習慣や加齢とともに増える活性酸素の害から身を守るためには、以下のようなことが効果的とされています。

抗酸化作用のある食品を取る

私たちの体を活性酸素から守ってくれるのは、体内で作られる「抗酸化酵素」だけではありません。食べ物からも、抗酸化作用のある成分を摂取することができます。

抗酸化作用のあるもの

しかし、ここで注意が必要なことが、高い抗酸化作用を持つビタミンCなどは、善玉活性酸素も悪玉活性酸素も関係なく取り除くといわれているので、抗酸化物質の過剰摂取には注意が必要です。

抗酸化物質のひとつで、分子量の小さく気体なのでどこにでも通り抜けて行く特徴を持つ水素。
水素は、酸化力が強い悪玉活性酸素にだけ反応すると言われています。
参考:http://suisolabo.com/health

また、低体温になると免疫力が下がり、病気の原因となるといわれています。特に、ガン細胞は低体温35度以下を好みます
ガンを克服した元プロレスラー監修の水素サプリメント

水素はミトコンドリアの生産力を上げ、糖や脂肪をエネルギーに変える事で代謝アップが進み体温も上がると言われています。
エネルギー(ATP)産出量の向上に注目されているので、健康対策やガン予防などだけでなく、ダイエットや美容にも注目を集めています。

基本は食事から。抗酸化作用のある食品、栄養バランスを考えながら、病気に負けない身体つくりを心掛けましょう。

抗酸化作用のある食品

抗酸化ビタミンビタミンCかんきつ類・パプリカ・レモン・ブロッコリーなど
ビタミンEアーモンド・かぼちゃ・モロヘイヤなど
βカロテン緑黄色野菜
ポリフェノール
(フラボノイド)
アントシアニンブルーベリー・赤ワイン・黒豆など
イソフラボン大豆製品
カテキン緑茶・リンゴ・ココアなど
ケルセチンたまねぎ・ほうれん草・レタス・パセリなど
ポリフェノール
(非フラボノイド)
クロロゲン酸コーヒー・ごぼうなど
セサミンごま
タンニン紅茶・ウーロン茶・赤ワインなど
カロテノイドリコピントマト・すいかなど
ルテインほうれん草・ケール・ブロッコリーなど
フコキサンチン海藻類

活性酸素とその害を防ぐための抗酸化作用のある食品・栄養素が上記のようになります。

その他、健康を維持するには良い栄養と運動、休養が不可欠。
緑黄色野菜や果物、豆類、醗酵食品、良い脂質などをバランス良く食事に取り入れ、低カロリー食生活に務めることが最も健康に最適です。

禁煙と節酒

タバコには活性酸素を増やす物質が含まれていますし、アルコールも分解される過程で活性酸素を発生させます。またタバコの受動喫煙の害も深刻です。

軽めの運動

ウォーキングや水中歩行などの軽い運動は、抗酸化酵素の働きを高めることが分かっています。逆に息切れするような激しい運動は、呼吸量が増えて取り込む酸素の量も増えるため、活性酸素も発生しやすくなります。

ストレス発散

活性酸素は、ストレスにも深い関係があるといわれています。ストレスを受けると、ビタミンC(抗酸化ビタミン)を消費しやすいほか、一時的に血流が悪くなり、それが元に戻る時に活性酸素が生まれやすいことが原因です。
普段からなるべくストレスをためない生活を心がけましょう。

過度な紫外線や放射線を避ける

紫外線と放射線を浴びると、体の水分子が活性酸素に変わり、ガンにつながることがあるため注意が必要です。検査の際の医療被曝も放射能が関わりがあります。各医療機関対策はしていますが、身体に負担はありますので、負担のかからない検査もオススメです。

食生活の偏り、喫煙者や飲酒の多い方、ストレスが溜まりやすい方は、特に上記のようなことを心がけ、病気になりずらい、ガンに負けない身体つくりを心掛けてください。

♪老化と病気の原因である酸化ストレスを知ろう!

まずはあなたの健康状態を知ることから!
「がん細胞代謝特性チェック」と「酸化ストレスチェック」が同時に知ることができるサービスが登場!
老廃物である尿から、現在のあなたの健康がチェックできます。
生活習慣病になる前に、生活習慣病にならない身体を。