健康診断では発見できない「がん」のリスクを最小化する方法

ガンのリスクを最小に

今のところ、有力な予防法を持たないがんは、「早期発見」と「速やかな治療」がもっとも効果的な対処法である。つまり、なったとしても生存確率が高い選択をするということだ。

情報源: 健康診断では発見できない「がん」のリスクを最小化する方法 | ZUU online

身体に負担?「がん検診」

マンモグラフィーアンケート調査によると、ガン検査を受診しない理由のひとつとして、検査に伴う苦痛があるからが女性26.8%、男性12.6%という結果があります。
実際に、乳がん検診では、「マンモグラフィー」という機器を使ったものが一般的になっており、「痛い」という声が多いようです。
また、わざわざ健康な身体に放射線をあて、不快な思いにも耐えなければならないようなものが多かったようです。

その他にも、2015年に、内閣府大臣官房政府広報室が発表した世論調査でも、ガン検診を受けない最大の理由が「時間がない」という回答でした。全体のおよそ48%の人が、「ガン検診を受ける時間がない」と回答しているのです。

尿検査でガン予測ができる

近年、尿検査でガンを発見できるという検査方法が確立されつつある。
代表格としては、アミノ酸の服用と尿検査を組み合わせた、ガン検診技術の研究なども進められている。

たとえば、ALA検査。
ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた新しいガンの診断法である。これは、実際に医療機関などでも採用されいる手法。
現在行われている健康診断や、ガンマーカー等による検査で、ガンを微小な段階で発見したり、前ガン病変の発ガンリスクを正確に評価する事は、残念ながら十分とは言いきれないのが現状。

この微小癌を発見出来る検査がALA検査
あら不思議!ガンがALAで光る!
ALAとは、もともと生体内で合成される物質で、「ポルフィリン」を経て正常細胞では「ヘム」に代謝されます。
しかし、ガン細胞では、ALAは「ヘム」にまで代謝されず、途中の物質である、「ポルフィリン」が細胞中に蓄積され、さらに過剰に蓄積した「ポルフィリン」は尿中に排出される事がわかっております。
「ポルフィリン」の蓄積は全てのガン種で起こるため、ALAを服用し、尿中ポルフィリン量を測定すれば、ガンの有無を簡単に調べる事ができるのです。

これがALAを用いた『まも~る』検査です。

尿で検査ができるため、忙しい人でも自宅でもカンタンに採尿し、痛みも伴わない検査法であるため、今後のガン検査の手段として注目である。

あなたの一滴の尿が、あなたの未来をすべてを知っています。

☆健康診断では発見できない「がん」のリスクを最小化

健康診断では発見できない「がん」のリスクを最小化する方法!
身体に負担なく、自宅で簡単に、ガン検査。
医療機関に行かなくても、あなたの身体のリスクをチェックできます。