働き盛りの「がん」、悩みはこんなに複雑だ 

働き盛りの「がん」、悩みはこんなに複雑だ

働き盛りの「がん」、悩みはこんなに複雑だ

情報源: 働き盛りの「がん」、悩みはこんなに複雑だ | こちら営業部女子課 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

現役世代では、女性のがん患者数は男性を大きく上回ります。
働き盛りの女性のがんの罹患率は20代では男性の約1.7倍、30代では男性の約2.6倍に増えています。

ガンによる致死率が下がっているとはいえ、命にかかわる病であることに変わりはないガンの治療。
もしもあなたがガンを患ってしまった場合、どうなるか考えたことはありますか?

まずは、手術や抗がん剤を用いた治療のために入院が必要になります。
退院後も、再発を防ぐために通院が必要となる場合もあり、抗がん剤の副作用である強い吐き気やめまい、倦怠感と戦いながら仕事を続けることになります。
この間、働く患者の3人に1人は退職を選び、その労働力損失は年間1.8兆円とも言われています。

また、自分自身ではなく、職場の同僚や恋人、家族がガンに罹患したら、どのように対応したらいいのか。
家族、子ども、お金、仕事など様々な問題が増えてくる。

2人に1人はガンになる時代、他人事では無くなるかもしれない、働きざかりのガン。

誰でもガンになる可能性があります。早期発見、早期治療に心掛けるべきだと思う。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。