ガンの原因。活性酸素の過剰発生に注意

身体は毎日錆びています

私たちは、呼吸によって1日に500ℓ以上の酸素を体内に取り入れているといわれています。
生きるために酸素は、わたしたちにとって、とても必要です。その酸素を使って食事で摂った栄養素を燃やし、エネルギーを作り出しています。
しかし、この過程で取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。

老化もともと活性酸素には、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割が、必要以上に増えてしまうと、健康な細胞まで酸化してしまうため、老化や病気の引き金になります。
老化や病気の引き起こす活性酸素の中で悪質とされているのが、悪玉活性酸素=ヒドロキシラジカルと呼ばれています。

近年の老化に関する研究で、専門家の間では「老化することは、酸化することと同じ」といわれるほど、活性酸素は老化の元凶とみなされ、活性酸素から身を守ることの重要性が指摘されています。

始まりは細胞・・・そして、老化や病気へ

身体の中では活性酸素によって細胞が攻撃されると、細胞膜の脂質が酸化して、細胞が栄養と老廃物の出し入れをスムーズにできなくなり、老朽化します。また、細胞の核の遺伝子が傷つけられて、細胞が変異したり、死滅するとされています。さらに、活性酸素は血液中の“悪玉”と呼ばれるLDLコレステロールを酸化させ、動脈硬化を加速させて血管の老化を促進します。

例えば、切ったリンゴが、少しずつ少しずつ茶色くなるように。

呼吸だけじゃない!活性酸素が起こる要因は?

活性酸素を発生させる原因は、呼吸だけではありません。
紫外線、大気汚染、化学物質、電磁波、農薬など、様々な環境因子や偏った生活習慣が体内の活性酸素を増やすことが分かっています。 私たちは日々、活性酸素のリスクと向き合って暮らしているといっても過言ではありません。

ガンも悪玉活性酸素が原因で発生する

細胞の外側をおおっている細胞膜が、活性酸素によって破壊されると、活性酸素が細胞内に侵入し核のある「DNA」に直接襲いかかります。
「DNA」は人間を正常な体に構成するために一つ一つ作り上げるための、いわば遺伝子の基になるものです。この「DNA」が活性酸素によって狂わせられて、突然変異の遺伝子をつくり出してしまいます。
この変異した細胞がガン細胞なのです。

活性酸素 発ガンに関与

酸化は私たちの気付かないところで常に起こっており、知らず知らずのうちに私達の体は酸化されているのです。
そして、老化を促進させ、心筋梗塞、脳梗塞、ガンなどの生活習慣病を引き起こすのです。
人間の体は60兆個の細胞で構成されています。つまり、胃を構成している細胞が酸化されれば胃の病気に、すい臓でおこれば、すい臓の病気になります。

風邪のウイルスなどによる細菌感染でおこる病気以外は、この活性酸素によっておこるといわれています。つまり、現代病の90%は、活性酸素が原因である可能性が高いのです。

早期発見・早期治療!活性酸素は最低限必要なものでも、余計に増えたときには体への害に変わってしまいます。
家族のため、友達のため、会社のため、自分のため・・・日常生活の発生源があるので、一度生活を見直してみてください。

♪誰でも簡単! お家でできるガン検診登場!

誰でも簡単!
痛くない「ガン検査」が受けられる「まも~る」
入会金0円!で、ガンを経験された方でも入会可!
24時間365日いつでも無料の健康サポートダイヤルのほか、教授・名誉教授の先生方がセカンドオピニオンを紹介してくれるサービスも含まれます。